1、定款で、基金制度の採用が可能です

基金とは、一般社団法人に拠出された金銭その他の財産であって、当該一般社団法人が拠出者に対して法及び当該一般社団法人と当該拠出者との間の合意の定めるところに従い返還義務を負うものとされています。

一種の外部負債です。

基金制度は、剰余金の分配を目的としないという一般社団法人の基本的性格を維持しつつ、その活動の原資となる資金を調達し、その財産的基礎の維持を図るための制度です。

基金制度を採用するかしないかは、団体の自由ですし、その使途も自由です。

2、社員による役員の責任追及の訴えが可能です