単なる一般社団法人を設立して事業を行っている場合は、特に優遇はないと考えてよいでしょう。

一般社団法人は株式会社とほぼ変わらないです。

むしろ、一般の融資や補助金の中には、社団法人やNPO法人などを対象外としているものがあるくらいです。

ただし、事業目的や内容が公益的であれば、優遇される補助金や融資などもあるかもしれません。

この場合は法人格にではなく、事業に対して優遇されるものです。

 

もっとも、公益認定を受けて公益社団法人や公益財団法人になると、国のお墨付きを受けた公益団体になります。

この場合は、各種税制優遇や補助金、助成金を受理できる可能性は格段に上がるでしょう。

公益認定ができるようになるまでに、大変な努力が必要です。