一般社団法人や一般財団法人を設立する際、将来は公益社団法人や公益財団法人になることを、一度は意識するかもしれません。

しかし、調べていくうちにハードルが非常に高いことが理解できると思います。

 

実際に一般社団法人を設立して、公益社団法人になるのはごく僅かです。

任意団体が法人化したくらいの規模であれば、まず公益認定にまで至りません。

 

そのため、まずは地道にコツコツと一般社団法人や一般財団法人での活動を行い、規模や人員体制を整えるようにしてください。

手間はかかりませすが、本当に公益認定が必要になった際に、定款や組織を変更すればいいと思います。

 

また、公益認定を受けると、厳しい監督を受けることになります。

税務面などで優遇を受ける代わりに、活動の自由度は下がってしまいます。

 

メリット・デメリットを十分に検討してから、公益認定を行うとよいでしょう。

 

公益社団法人と公益財団法人