非営利型法人で設立すれば、収益事業には課税されますが、非収益事業については非課税になります。

その判断は誰が行うのかが表題の意図ですが、税務署です。

 

各事業について収益事業か非収益事業かの判断、課税及び徴収に関する一切は税務署が決めます。

我々行政書士や税務申告をする税理士は、非営利型の設計までは行えますが、その後の判断は税務署に委ねる他はありません。

 

ただ、法人の機関設計や定款記載の文言で非営利型法人を作ることはできます。

最終判断は、税務署というだけです。

 

非営利型法人