NPO法人は公益的活動をするために、運営の公平性を担保しようという意図があります。

そのため、親族を役員にする際の制限があります。

 

具体的には、役員総数が5人以下であれば、親族を役員に加えることはできません。

役員総数が6人以上になると、親族を1名、役員に加えることができます。

 

とにかく、NPO法人で親族は2人まで役員になれると覚えておけばいいでしょう。