非営利法人設立は最近流行していますが、法人はあくまで箱物に過ぎず、設立後にどのような活動、事業を行うかが肝心です。

営利法人が自社のイメージアップに非営利法人を使うケースが、多くなっています。

 

動機はともかく、設立後の事業が社会に必要とされ、多くの人に喜ばれるものであれば、それはそれで立派な事業です。

また、協会や講座ビジネスに非営利法人を使う方も多いですが、講座等の内容が社会に必要とされるものであれば、それも立派な公益事業です。

 

何か広く社会に提供できるコンテンツをお持ちであれば、非営利法人を使うのも1つの選択です。

 

あくまで本業が上手くいっており、社会貢献をしようという心意気がある場合です。

 

NPO